「スケスケやん」「出てる」横田真悠『ラヴィット』の服装が攻めすぎ!?

(C)Rachata Teyparsit / Shutterstock

モデル・タレントの横田真悠が、6月30日放送の『ラヴィット!』(TBS系)にレギュラー出演。着用していた衣装が「攻めている」と、朝から男性視聴者を虜にした。

この日は横田の誕生日ということで、番組はオープニングからお祝いの企画を放送。

バースデーケーキを用意した他、金と赤の豪華な玉座に座らせ、出演者一同で祝福していった。

しかし、視聴者の注目を集めたのは、企画ではなくその衣装だった。横田が着ているのは、流行りのヘソ出しショート丈のニット服。この時点ですでにチラチラと色気を感じるが、デコルテ辺りは編み込みで透けたデザインにもなっており、何ともフェロモンが放出されている。ニットで身体に密着していることから、ボディラインも露わだ。

朝から攻めていると話題に

この格好は話題を集め、視聴者からは

《いやらしい》
《服えっろいな 体のラインを出しつつへそも出して》
《真悠ちゃんの服スケスケやん!》
《真悠ちゃんかわいすぎる》
《真悠ちゃん腹出てる》
《猛暑日でもニットで強調》

といった反応が。朝からビビッとしてしまったようだ。

「横田はチュチュアンナの『運命のブラ』でランジェリーモデルを務めている他、ビスチェにショートパンツという露出度の高い格好でランウェイを歩いたり、インスタグラムに水着画像を上げたりとプロポーションには自信アリ。それでいて、モデルのためか品のないセクシーさが出ず、おしゃれさが勝るという強みを持っています。ただ、『ラヴィット!』ではこれまで普通のシャツや大きめのセーターなどが多く、ここまで攻めた衣装を着ることは珍しいですね。誕生日ということで、気合いの入ったチョイスをしたのでしょう」(ファッション関係者)

23歳の1年は飛躍の年になりそうだ。

【あわせて読みたい】