山下達郎の新アルバム15万枚の大ヒット! CDが売れたのは誰のおかげ?

(C)ra2 studio / Shutterstock

6月22日に発売された山下達郎のニューアルバム『SOFTLY』が初週15万1千枚を売り上げ、7月4日付の『オリコン週間アルバムランキング』で1位を獲得。しかし、先日話題になったインタビューの影響で、ネット上には懐疑的な声が続出しているようだ。

「SOFTLY」は実に11年ぶりのアルバム。映画『未来のミライ』のオープニングテーマ『ミライのテーマ』や、ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)の主題歌『RECIPE』など、全15曲が収録されている。

「山下は『オリコン週間アルバムランキング』1位の他に、数々の快挙を同時に記録。昭和、平成、令和でアルバム1位を獲得した史上4人目のアーティストになり、『アルバム1位獲得最年長アーティスト』記録としては、矢沢永吉に次いで2位に君臨しました。また、20代、30代、40代、50代、60代の5年代でアルバム1位を獲得した実績から、『年齢5年代で1位を獲得したアーティスト』として男性アーティスト初の記録を打ち立てています。最近、山下は息の長いトップアーティストとしてメディアで〝神格化〟され始めており、再度活躍に注目する人も多いようです」(音楽ライター)