人気芸人の脚本ドラマが大コケ!「バカリズムって凄かったんだな」

空気階段 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

6月22日から24日にかけて、三夜連続のドラマ『脚本芸人』(フジテレビ系)が放送された。しかしあまりにも酷い出来であったため、ピン芸人・バカリズムを再評価する声があがっている。

このドラマの脚本を担当したのは、『THE W』を制した吉住、『キングオブコント』王者の『空気階段』水川かたまり、『かもめんたる』岩崎う大の3人。

1人1話ずつ脚本を担当し、テレビ局の各部署で巻き起こるさまざまな出来事を、1話から2話、2話から3話へと連動するオムニバスドラマとして3夜連続で放送された。