『やんごとなき一族』最終回で評価急落「雑過ぎ」「視聴者をバカにしてる」

土屋太鳳 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

6月30日、土屋太鳳の主演ドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)の第11話・最終回が放送された。あまりにも駆け足すぎる最終回で、視聴者が落胆している。

主人公の篠原佐都(土屋)は、母の良恵(石野真子)と2人で下町の大衆食堂『まんぷく屋』を切り盛りしていた。

ある日、佐都はかねてより交際してきた深山健太(松下洸平)にプロポーズされ、それを受け入れる。