名前を2度もミス…『めざまし8』トップガン特集に怒り「放送事故並の酷さ」

トム・クルーズ (C)Jaguar PS / Shutterstock

7月5日放送の朝の情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)で、トム・クルーズ主演のスカイアクション最新映画『トップガン マーヴェリック』を取り上げた。しかし、その内容を巡り、映画ファンからブーイングが起きている。

番組では「『トップガン』トム・クルーズ(60)こだわりとは?」と題し、2003年以降、トム・クルーズのほぼすべての会見で司会を担当した映画パーソナリティーとリモート中継。主演を務め、製作も兼任したトム・クルーズの魅力にせまった。

同映画の興業収入は、日本では5月27日に公開されて以降、累計76億円を突破。コロナ禍以降の実写映画でNo.1となったと紹介した。続けて映画館で争奪戦となった座席についてや、CG撮影をしない徹底した〝ホンモノ志向〟について取り上げる。