日馬富士の「酒乱暴行現場」は現役力士の実家だった

(C)zstock / Shutterstock

(C)Shutterstock

幕内優勝9回を誇る大相撲の横綱の日馬富士(伊勢ケ浜部屋)が11月14日、幕内の貴ノ岩(貴乃花部屋)への暴行を認めて謝罪した。10月下旬の秋巡業中、鳥取での宴席で酒に酔い、ビール瓶で貴ノ岩の頭を殴打するなどの暴行を加え、貴ノ岩は、「右中頭蓋(がい)底骨折、髄液漏の疑いなど全治2週間」と診断された。すでに鳥取県警に被害届も提出している。酒席の出来事で片づけられるとは思えず、日馬富士の進退問題に及ぶのは避けられない。

事件は秋巡業中の10月25日、モンゴル出身力士が多数集まった鳥取での宴席で起きた。席には両者のほか、横綱の白鵬と鶴竜、鳥取城北高相撲部出身で関脇の照ノ富士ら10名前後が参加していた。

貴ノ岩は、日馬富士から兄弟子に対するあいさつが足りないなど、日々の態度について注意を受けた。その矢先、貴ノ岩のスマートフォンが鳴って操作しようとを手にした瞬間、日馬富士が激高したという。ビール瓶で頭部を思い切り殴打し、流血して倒れた相手にのしかかってさらに素手で20~30発殴り続けたそうだ。

 

事件が起きたのは地元の有名店

この事件現場は現役力士の石浦の父親が経営する『ちゃんこ石浦』で起きている。

「石浦関は鳥取城北高校相撲部の石浦外喜義(いしうら・ときよし)監督の長男として生まれ、幼少期から相撲をしていました。母も同校の養護教員です。外喜義氏は現在、相撲部総監督であり校長でもあります。同校出身の幕内力士は、元大関の琴光喜のほか、現役では石浦、逸ノ城、照ノ富士、そして貴ノ岩がいるなど、そうそうたる顔ぶれが並んでいます」(スポーツ紙記者)

同校の相撲部寮は石浦監督の自宅にあり、その1階が『ちゃんこ石浦』になっているという。

「店は相当の広さで、名物は鳥だしスープのちゃんこ料理です。『逸ノ城定食』なんていうメニューもあります。ただ、地元では知らない人はいない名士だけに、店の評判を悪く言う人間もいます。本当かどうかは分かりませんが『相撲部の部員を店でタダでこき使っている』なんて噂話はしょっちゅう耳に入ります」(地元民)

事件の舞台となったことで、店はますます有名になるかもしれない。

 

【画像】

(C)zstock / Shutterstock

【あわせて読みたい】

※ 工藤静香インスタで「イラッと来る」また大炎上

※ 中居正広が香取慎吾に「おれも入れて」と懇願

ボクシング井岡一翔「プライベート優先」王座返上の背景 

「にゃんこスター人気」に疑問の声集中 

妊娠報道否定の佐々木希「妊活状況」をポロっと告白