「紅白歌合戦」それぞれの司会が決定した背景

大みそかに放送される『NHK第68回紅白歌合戦』の司会者が11月13日に発表された。総合司会をお笑いコンビ『ウッチャンナンチャン』の内村光良が、紅組司会は今年の連続テレビ小説で主役を演じた有村架純が、白組司会を『嵐』の二宮和也が、それぞれ務めることになった。

有村は自身のインスタグラムを更新し、紅組司会に抜擢されたことへの心境を明かしている。

「NHKは有村の起用理由として、今年度上半期の朝ドラ『ひよっこ』で主役として活躍したことを挙げています。有村は昨年も紅組司会を務めており、白組司会の相葉雅紀をうまくフォローするなど、見事に役割をこなしていました。ハプニングにも動じずに進行できるという点で、技量が評価されたのだと思います」(芸能記者)

一方、白組司会の二宮和也は、所属している嵐が2014年まで5年連続で司会を務めたことはあるが、単独では初めて起用された。総合司会の内村は、第49回の紅白歌合戦で、音楽ユニット『ポケットビスケッツ』のメンバーとして出場したことはあるが、司会で出演するのは初となる。

「嵐から誰かが選ばれるのは決定事項でした。二宮が選ばれた理由は、有村とのバランスを考えた上での消去法でしょう。昨年いまいちだった相葉に2度目はありません。櫻井翔では日テレのイメージが濃く、松本潤では司会の力量が相葉と大して変わらない。大野智ではインパクトが薄い。そんな感じで決まったのだと思います」(同・記者)

二宮はNHKを通じて「内村さん、有村さんと一緒にNHKホールが実家に帰ってきたような温かい空間になるよう努力し、皆さんと一緒に今年を振り返りたい。笑って2018年を迎えましょう」とコメントを寄せた。

 

内村が総合司会に決まった理由は…

「二宮と有村をまとめる総合司会が内村というのは意外でした。これは、NHKのコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』で、新しい視聴者層を開拓したという功労賞的な意味での抜擢でしょう」(同・記者)

今回の“大役”にあたって内村は「この話を聞いたとき、本当に驚きました。全くの予想外のことでした。すごく緊張するだろうと思いましたが、貴重な機会なのでお受けしようかと。そして、紅白の総合司会とは一体どんな総合なのか、総合的に体感してみようと思います」と意気込み、さらに「でも本番はそんな余裕もなく、あっという間なのでしょう。とにかくみなさんと一緒に楽しもうと思います。そしてわたしを推薦して下さった、NHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクターの三津谷寛治氏に感謝します」とコメントしている。

今年の紅白歌合戦、どれだけの盛り上がりを見せるかが楽しみだ。

 

【画像】

(C)TK Kurikawa / Shutterstock

※ @kasumi_arimura.official – Instagram

【あわせて読みたい】

※ 工藤静香インスタで「イラッと来る」また大炎上

※ 中居正広が香取慎吾に「おれも入れて」と懇願

ボクシング井岡一翔「プライベート優先」王座返上の背景 

「にゃんこスター人気」に疑問の声集中 

妊娠報道否定の佐々木希「妊活状況」をポロっと告白