「テレビドラマに出ない女優」広瀬すずがドラマ進出へ

(C)まいじつ

「テレビドラマに出ない女優」といわれる広瀬すずが、来年は立て続けにテレビドラマに出演するという。

まずは、来年1~3月期の日本テレビ水曜ドラマ枠で、広瀬が主演を務める連続ドラマが放送されることが決定した。タイトルは『anone』で、松たか子主演ドラマ『カルテット』の脚本家を務めた坂元裕二と、現在放送中の櫻井翔主演ドラマ『先に生まれただけの僕』の演出を務める水田伸生が制作に加わるヒューマンドラマだ。

家族を失い、社会からもはぐれてしまい、生きる方法さえ見失ってしまった少女が、ひとりの老齢の女性と出会い、人が生きる上で本当に大切なものを見つけていく模様を描く。この主人公の少女を広瀬すず、少女が出会う女性を田中裕子が演じる。

広瀬はこのドラマに臨むにあたって、初々しいコメントを残している。

「坂元裕二さん脚本の『Mother』や『Woman』が、もともと大好きだったので、今回このドラマのお話を聞いた瞬間に、すごくうれしくて、いま楽しみで仕方がないです! 何かぞくぞくするというか、どんな作品になるのか楽しみです」

さらに、10代最後の連続ドラマ主演ということに対しては、「10代は少女といわれる時期でもあると思います。いまの自分だからこそ見える世界、感じられる感覚を大切にしたいな、と思います。初めて連ドラの主演をやらせていただいたのが16歳で、日本テレビ(2015年放送『学校のカイダン』)だったので、そのご縁がすごくうれしくて、今回も大切に演じられたらいいな、と思います」と語った。

 

人気ドラマシリーズの主役にも

このドラマの次に待っているのが、TBSでの『花より男子 スーパーリターンズ シーズン3(仮題)』で、これは2005年に井上真央が主役を演じ、平均視聴率19.8%、2007年のシーズン2が同20.9%と高い視聴率を記録したシリーズだ。学園のヒーローとなる男性4人組の『F4』も菅田将輝、三浦春馬、福士蒼汰、新田真剣祐など、そうそうたるメンバーがキャスティングされている。

「これまで映画を中心に活躍してきた広瀬は、『学校のカイダン』と翌年に放映された『怪盗 山猫』(共に日本テレビ)くらいが目立ったドラマ出演でした。しかし、映画での実績を重ね、視聴率が取れるという判断でテレビドラマに打って出るのでしょう」(テレビ雑誌ライター)

広瀬は2015年公開の映画『海街diary』で一気に知名度を上げ、映画女優への道を切り開いた。

「そこそこ観客動員があればヒットと呼ばれる映画と違い、テレビドラマは視聴率が悪いとすぐに主役のせいにされるシビアな世界です。いよいよ本格的にテレビドラマへ出演していくかけるからには、広瀬本人の覚悟も相当なものでしょう」(同・ライター)

広瀬の新しい挑戦はどうなるだろうか。

 

【あわせて読みたい】

※ 工藤静香インスタで「イラッと来る」また大炎上

※ 中居正広が香取慎吾に「おれも入れて」と懇願

ボクシング井岡一翔「プライベート優先」王座返上の背景 

「にゃんこスター人気」に疑問の声集中 

妊娠報道否定の佐々木希「妊活状況」をポロっと告白