水曜日のダウンタウン「ひねりのないパクリ企画」に批判の声

(C)Sergey Nivens / Shutterstock

(C)Shutterstock

11月15日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、他番組の“パクリ企画”があり、視聴者からは「やりすぎではないか」という意見が続出している。

番組では『オシャレをしながら逃走中』というフジテレビの『逃走中』を真似た企画が放送された。鬼ごっこの要領で、鬼役の“ハンター”から逃げるというルールは逃走中と同じだが、水曜日のダウンタウンではその最中にショッピングモール内のアパレル店をめぐってアイテムを選び、ハンターに捕まった時点のファッションコーディネートをタレントのRIKACOがチェックするというアレンジが加えられた。そして、RIKACOが採点した点数を競う方式だった。

この、オシャレをしながら逃走中の企画には、お笑いコンビ『三四郎』の小宮浩信や、『トレンディエンジェル』の斎藤司、『フットボールアワー』の岩尾望、レイザーラモンRG、タレントの鈴木奈々らが参加した。

ハンターに追われるとあって、メンバーは服選びをするのにひと苦労。小宮はボトムスを着ている最中にハンターに捕まったため、ルールに則ってパンツを見せた格好のままRIKACOのもとに連れて行かれ、ファッションチェックを受ける羽目になった。ハンターに追いかけられながらコーディネートしたということを知らされていないRIKAKOは、小宮がふざけていると感じて苛立ってしまった。

最後までハンターに捕まらなかったのはRG。参加メンバーで唯一、靴を含めた全身の服装を完成させた状態でファッションチェックに挑んだが、RIKAKOの採点は10点満点中3点と低く「服選びが普通にダサい」と言われてしまった。

 

逃走中+ヒルナンデス?

番組では逃走中を模した企画だということを明らかにしていたが、ファッションコーディネートをして争うという方式は『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の企画『3色ショッピング』を模しているようにも見えた視聴者がいたようだ。

視聴者はSNS上で《日テレのヒルナンデスのコーナーとフジテレビの逃走中ミックスネタをTBSでやるというメチャクチャな企画》、《完全にただの逃走中じゃん》などと、企画内容を疑問視する声が相次いだ。

この企画を紹介した博多大吉は「今回の逃走中のコラボ企画に出演した人達は、今後(フジテレビの)逃走中に呼ばれなくなる被害(可能性)がある」とコメントした。番組MCの松本人志は「(フジテレビの逃走中からの)ブッキングからも逃走中せなあかんってことか」とコメントし、周囲を笑わせてフォローした。

オリジナリティのない企画ばかりが続くようだと、視聴者からも“逃走”されかねない。

 

【画像】

(C)Sergey Nivens / Shutterstock

【あわせて読みたい】

 深田恭子35歳「悩殺インスタ投稿」が大反響

※ 工藤静香インスタで「イラッと来る」また大炎上

※ 中居正広が香取慎吾に「おれも入れて」と懇願

ボクシング井岡一翔「プライベート優先」王座返上の背景 

「にゃんこスター人気」に疑問の声集中