ご当地映画にあるまじきシーン満載!「こいのわ」

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『こいのわ 婚活クルージング』

配給/KADOKAWA 11月18日より角川シネマ新宿ほかにて全国公開
監督/金子修介
出演/風間杜夫、片瀬那奈、藤田朋子、八嶋智人、白石美帆ほか

近年は地方自治体が、ときには地元企業あるいは非営利団体などと組んで、いわゆる“ご当地映画”が多数作られて、何本も見たが、あえて苦言を申せば、総じて郷土愛が強すぎてPR臭を感じるし、何よりお行儀が良すぎて微温的な作品が目立つのは困ったもんだ。

この映画も“広島県後援”、県庁の結婚支援の“こいのわプロジェクト”が特別協力している堂々たる“地方発信映画”なので、疑り深いボクは、半分眉に唾つけて見たものだ。

良い予感としては、監督が平成『ガメラ』シリーズや、内田有紀が良かった傑作『ばかもの』(2010年)などの金子修介だということ。当欄で紹介済みの同監督の『リンキング・ラブ』も面白かったしね。果たしてこのベテラン才人が、“ご当地映画”という難物にどう取り組むのか。イイ予感ついでに言えば、主演コンビが『蒲田行進曲』(1982年)などの名優・風間杜夫、そしてワイドショーの『シューイチ』などでも活躍のご贔屓女優・片瀬那奈なのもプラス・ポイント!

 

ご当地映画の悪しき風習に「風穴」を開けた傑作

風間はバツイチ65歳で広島の名物企業家の役。突然の社長職解任にもめげずに心機一転し、第二の人生のパートナー探しを始める。だが、片瀬扮する最初のお見合い相手の美人編集者35歳と大ゲンカしてブチこわし。お互い意地っ張りのふたりは、やがて県の婚活イベントで再会するのだが…。

この構図は、往年のハリウッド映画『或る夜の出来事』(1934年)などから始まる、勝ち気女と皮肉屋男が織り成すラブ・コメの定番だ。金子監督は、風間・片瀬コンビを「わたしのなかではジャック・レモンとゴルディー・ホーンだった」と評している。う~む、確かにそう思いたい気分ではある。

風間・片瀬による年の差“K・Kコンビ”が繰り広げる丁々発止は、最初のお見合いシーンから笑いを誘う。風間が生臭く、俗っぽいけど憎めない往年のモテ男オヤジぶりを絶妙に見せれば、片瀬もドSキャラ含みの“負け犬”美女を、自慢の美脚も惜し気なく披露し、コメディエンヌぶりを発揮する。そして、お行儀が良いのが、お約束のはずの“地方発信映画”にあるまじき(?)シモネタが大いに飛び交う。アケスケな美人女医(白石美帆)、後妻業疑惑の美魔女(中山忍)など癖のあるキャラ、婚活に対する各々の思惑がリアルに綴られる。風間・片瀬が船の寝室で“一線を越える”シーンもあり(別に脱がないが)、少しエッチでも、爽快感を忘れない。

ハリウッド・ラブコメ的な作りを繰り出し、ご当地映画の悪しき傾向に風穴をあけた快作と言える。

 

【あわせて読みたい】

★11月25日公開
人間の奥深さを味わうことになる映画「光」ほか