深田恭子「アラフォー目前」でも美しすぎる理由

(C)まいじつ

最近、一部のウェブサイトがおこなった《美し過ぎる30代》というランキングで深田恭子が1位になった。

彼女は1996年『ホリプロスカウトキャラバン』でグランプリを獲得。当時はかわいさに加えて、グラビアアイドル並みの体型が話題だった。

「デビューのころの彼女の売りはいくつかあって、ルックス、スタイル、ピアノ…という感じでした。いま思えば、本人が26センチという足の大きさと大きな手をアピールしていたのは何だったのでしょう。不思議です(笑)」(オーディション雑誌編集者)

所属芸能事務所の先輩には、昨年結婚した優香がいる。優香はグラビアアイドルとして活躍し、30歳を過ぎても、そのスタイルのよさを生かした活動で“30代の星”と呼ばれた。

「優香は水着のグラビア中心に活動し、それに対して深田はグラビアをほとんどやらず、女優専門ということで完全に路線が分かれていました」(同・編集者)

優香は徐々にグラビアでの仕事を減らしていったが、深田は逆に写真集で水着姿を披露するなど、逆にグラビア誌面に出演する機会が増えた。

「やはり深田の整ったルックスは最大の武器です。10代から20代を経て、いまも衰え知らずの美貌は、メイクのうまさもあるのでしょうが、彼女独特の秘密の美貌維持法があるようです」(芸能プロダクション関係者)

 

共演者とすぐに交際?

深田は毎年のようにドラマで主演をしている。来年1~3月期にも連続ドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)で主演を務める予定だ。

「深田は、“俳優が共演したい女優”としても人気があるのです。おっとりした性格でわがままを言わない。それに口説かれると、“落ちる”というのが定説になっています」(同・関係者)

現在、深田は『KAT-TUN』の亀梨和也と交際中だという。ふたりは2015年放送の連続ドラマ『セカンド・ラブ』、映画『ジョーカーゲーム』で共演している。

「深田のこれまでの交際は、写真週刊誌に撮られたジャニーズの東山紀之に始まりYOSHIKI、プロ野球選手の斎藤佑樹、清水良太郎、さいねい龍二、伊藤高史、内田朝陽、五十嵐麻朝、『くりぃむしちゅー』の有田哲平など、スポーツ選手、お笑い、同じ事務所と幅広い。一時期は交際期間が長くて半年、3カ月が普通といわれたのですから、それはモテますよ」(スポーツ紙記者)

さすが美し過ぎる30代の1位だ。

 

【あわせて読みたい】

 深田恭子35歳「悩殺インスタ投稿」が大反響

※ 工藤静香インスタで「イラッと来る」また大炎上

※ 中居正広が香取慎吾に「おれも入れて」と懇願

ボクシング井岡一翔「プライベート優先」王座返上の背景 

「にゃんこスター人気」に疑問の声集中