永野芽郁『ユニコーンに乗って』早くもクソドラマ認定?「時間返せといいたい」

永野芽郁 

永野芽郁 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

7月19日、永野芽郁の主演ドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)の第3話が放送された。ネット上では大酷評が相次いでいる。

永野が演じる主人公・成川佐奈は5年前、大学に潜り込んで聞いた羽田早智(広末涼子)の特別講義をきっかけに、須崎功(杉野遥亮)ら仲間と共に3年前に起業し、会社を設立。教育系アプリを手掛ける「ドリームポニー」のCEOとして活躍している。

彼女たちは、10年以内にユニコーン企業となり、世界中の人々が利用できるビジネスにすることを目標に日々奮闘中。そしてひょんなことから、元銀行員の中年男性・小鳥智志(西島秀俊)を雇うことになるのだった。

「第3話では、佐奈と須崎、栗木(前原滉)の出会いから起業するまでの前日譚のようなストーリーが描かれました。しかしこの第3話、とにかく起伏のないストーリーな上、全てが予想通りの展開。意外な前日譚があるならまだしも、〝まあそうだろうな〟という内容を1時間ずっと放送。そもそも同作は、小鳥以外のキャラクターの魅力が皆無、もはやマイナスなのに、その小鳥が登場しない話をこのタイミングでやるのも意味不明。人気もないのに引き延ばしという謎すぎる回でしたね」(芸能記者)

「逆にどうしたらこんなにつまらなくできるのか」

いくら何でも酷すぎるストーリー展開に、ネット上でも、

《本当つまらなすぎて、逆にどうしたらこんなにつまらなくできるのか聞いてみたい》
《最凶レベルでつまらない。娘の推し君が出てきたあと30倍速でみたけど「だいたいわかった」な中身の薄さ》
《今日の回、マルッと全部なくてもよかったような…》
《西島秀俊しか見どころないのに、西島秀俊が出てこないターンが長過ぎる》
《ちょっと過去に時間かけすぎじゃない? それだけ内容がないんだろうな~》
《つまらないって最初は思わなかったけど、今回は本当に面白くない、過去編はいらないし、西島秀俊でさないし。みんな同じこと思ってた》
《回想がこんなに長いと視聴者に飽きられない?》
《ああ、『SUPER RICH』の超絶駄作ドラマを超えるものがこんなに早く出てくるとは…!》
《世界的俳優になった西島秀俊と勢いのある永野芽郁を揃えておいてこれはないだろ》
《長すぎてうんざりする。これはないだろ 時間返せといいたい》

と大酷評されている。

今期は期待ハズレなドラマが多いが、中でも「ユニコーンに乗って」は断トツなようだ。

【あわせて読みたい】