あらぽん「みやぞんに台本渡さない」衝撃の漫才舞台裏

aijiro / PIXTA(ピクスタ)

11月20日に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に『ANZEN漫才』のみやぞんが出演。面白さをほめられたみやぞんは「相方あらぽんの方が面白い」と発言し、視聴者から賞賛された。

番組では、みやぞんと相方のあらぽんに密着したドキュメント企画が放送された。ふたりが大学の学園祭で漫才を披露する姿や、情報バラエティー番組『PON!』(日本テレビ系)の生放送に出演するところを追いながら、そのときどきで本音を聞き出した。

スタッフから「相方とけんかをすることはないんですか?」と聞かれたみやぞんは「ないです」と即座に答えていた。ふたりの漫才はあらぽんが考案するが、みやぞんはあらぽんからライブの時間と場所だけしか伝えられないという。台本も渡さなければ漫才の内容も教えられず「何も考えないでいい」と言われ、ステージに上がっているという。

あらぽんは、その理由を「(みやぞんの)生の反応が一番面白い。何も考えず自由にさせることでみやぞんの面白さが引き出せる」と説明した。

そして、スタッフから「みやぞんだけが注目されて売れたとき、あらぽんはどういう気持ちだった?」と聞かれたみやぞんは「あらぽんの方が面白いのは分かっているから」と相方を褒め称えていた。

 

「みやぞんは懐が深い」とファン絶賛

番組を見た視聴者はツイッターへ《みやぞんへのあらぽんの懐の深さと、みやぞんのあらぽんへの絶対的な信頼関係に涙した》、《お互いが『大切』だという気持ちが表れていました》、《台本も何も無いままでのステージ。 あんなに爆笑させてくれるみやぞんはほんまもんの規格外の天然。でも感謝の気持ちを大切に前向きに頑張ってる》などと投稿し、みやぞんの謙虚な姿を絶賛していた。

みやぞんとあらぽんは幼なじみだ。お互いを認め信頼していることは、5年間事務所に所属せずに活動するなど、長年苦節をともにしてきたことが背景にあるのかもしれない。

今年になって一気に人気になったみやぞん。謙虚に相手を認める姿勢は、さらなる飛躍につながることが期待される。

 

【あわせて読みたい】

※ 独立後判明した草彅剛の「多趣味」に期待の視線!

※ 西内まりや「社長ビンタ」のあと国外逃亡か

※ 中居正広が「おれ、間違ったのかな…」とこぼした経緯

 深田恭子35歳「悩殺インスタ投稿」が大反響

※ 工藤静香インスタで「イラッと来る」また大炎上