タカアンドトシ「ガチンコ田舎ロケ」で復活の兆し!

(C)まいじつ

毎週日曜日の夕方に放送されて人気を伸ばしている『帰れまサンデー・見っけ隊』(テレビ朝日系)が、11月20日に初めてゴールデンタイムにスペシャル番組『帰れまサンデー・見っけ隊/Qさま!! 無人駅で飲食店を見っけ隊&Qさま!!大人の語彙力テスト 豪華2本立て3時間SP』として放送された。

今回は、『タカアンドトシ』がローカル線の電車をすごろく形式で乗っていき、無人駅を降りて飲食店を見つけるまで次に進めないという企画だった。

飲食店の場所をスマートフォンで調べることもできないため、思い通りに行かないことも多く、過酷なロケの面白さに加え、ほかのグルメ番組では紹介されないような飲食店の紹介や、飲食店を見つけた時の感動が人気の企画だ。

今回、タカアンドトシと共に紫吹淳と中尾明慶が挑戦した大井川鐵道は、32駅中で25駅が無人駅という路線。途中2駅もの距離を歩くこともあり、最終列車に間に合わず、収録が2日間にまたがることとなった。

 

人気番組が「都落ち」を経て復活

もともとこの番組は『帰れま10』の企画で有名な『もしものシミュレーションバラエティ・お試しかっ!』(テレビ朝日系)の後継番組だ。日曜日の朝に復活した『帰れまサンデー・プラス』(テレビ朝日系)が夕方へ移動し、企画がリニューアルされている。言わばゴールデンタイムから“都落ち”したあと、時間帯変更を経て再び地道な人気を獲得してきているのだ。

今回の放送もツイッターでは《今日タカトシの番組で「無人駅で飯屋を探す」みたいな企画を見てたんだけど、すごくおもしろかった。寄り道を全力で楽しむ感じ》や《タカ&トシの大井川鉄道の無人駅の飲食店探し?のサイコロの旅の番組は最高過ぎて震えました》などの意見が集まっており、おおむね好評だったようだ。

タカアンドトシと言えば、かつては午後7時台に週間で5番組にレギュラーするほどの人気を誇っていたが、『ほこ×たて』(フジテレビ系)でやらせ問題が発覚し、番組が打ち切りになってからは、ゴールデンタイムの番組が続々と終了している。

現在も『今夜はナゾトレ』(フジテレビ系)や『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)など、全国ネットの番組には出演しているものの、冠番組ではなく、一時の勢いは無くなってきたように見える。

しかし、ガチンコの田舎ロケという新たな人気企画を得た。帰れま10で多くの料理を食べて体を張ったタカトシが、また新たな形で楽しませてくれそうだ。

 

【あわせて読みたい】

※ 独立後判明した草彅剛の「多趣味」に期待の視線!

※ 西内まりや「社長ビンタ」のあと国外逃亡か

※ 中居正広が「おれ、間違ったのかな…」とこぼした経緯

 深田恭子35歳「悩殺インスタ投稿」が大反響

※ 工藤静香インスタで「イラッと来る」また大炎上