生稲晃子の当選も統一教会のおかげ?「同性婚反対を掲げてて当選って…」

安倍晋三さん (C)まいじつ 

先の参議院選挙で東京選挙区から自民党公認として出馬し、見事に当選を果たした元『おニャン子クラブ』の生稲晃子氏。当選直後にはキャスターの池上彰氏から全てのテレビ番組へのインタビュー出演を拒否していたことを暴露され、改めて勉強不足を世間に知らしめてしまったが、どうやらすっかり〝先生〟気取りになっているようだ。

7月28日配信の『FLASH』では、生稲が〝運転手付き黒塗りクラウン〟から降りる姿を掲載。国会議員としてまだまだ新人であるにもかかわらず、もはや風格だけは立派な国会議員だ。

「生稲氏は選挙期間中、NHKが実施した立候補者アンケートをほぼ無回答で提出し、東京新聞に掲載されたアンケートも回答が他候補者と酷似していたことで波紋を呼びました。さらに物議を醸したのが、『池上彰の選挙ライブ』(テレビ東京系)で選挙特番インタビューを一切受けないと各テレビ局に伝えていたことが明かされたことです。生稲の陣営は『インタビューを受ける時間がない』と猛抗議しましたが、他の候補者が普通に答えているのですから、何とも苦しい言い訳でした」(テレビ局報道関係者)