不朽の名作映画1982年公開「E.T.」の酷すぎるパチもん

今から35年前の1982年12月4日、日本でアメリカのSF映画『E.T.』が公開されました。言わずと知れたスティーヴン・スピルバーグ監督の代表作です。日本では『もののけ姫』に抜かれるまで、15年間も配給収入の歴代1位を保持したほどの大ヒットを記録しました。

1982年の日本といえば、空前絶後のバブル景気に突入していく前段階。かなりはしゃいだ雰囲気が濃厚で、とにかく面白いものを求めて、みんなが浮き足立っていた時代です。

そんな気分の日本で、夏ごろから「奇妙な姿の宇宙人が登場するスピルバーグ監督の新作映画がアメリカで超大ヒットしている」という情報が流れ始めました。今のようなインターネットがなかった当時は、情報が配給会社によって完全にコントロールされていたため、日本で公開されるまで半年間にわたって、日本の映画ファンには宇宙人がどんな姿なのか分からなかったんですね。

同時代にはやった『なめ猫』や『エリマキトカゲ』などと同様、人々は宇宙人の姿を見たいという好奇心も手伝って劇場に押し掛けました。

言いようによってはE.T.は“見世物”映画として好奇心をあおり、劇場に来た観客にストーリーで感動させる手法で新記録を樹立するほどの大ヒットとなったのだ、と思います。

当然、このブームにあやかろうと正規品、無版権問わず、あまたのE.T.グッズが出回りました。しかし、情報規制されていたこともあり、急場しのぎで作られた無版権ものにはかなりムチャなものもありました。

これは『宇宙人ステッカー』とボカしていますが、どうみてもE.T.。パチものとしてはマシな方で、絵の技量が高く、買った子供も満足のいく商品です。ただし、「みているほど可愛くなる」というキャッチには賛同しかねますが。

 

こちらは駄玩具でおなじみの『妖怪けむり』のE.T.版。けむりと宇宙人とどういう関係があるのか分かりませんが、“宇宙人と少年が交流する映画”ということでデッチ上げたものでしょう。「うちゅうじんがくれた てれぱしーけむり」というタイトルも意味不明です。ん? 少年の顔は誰かに…きっと他人の空似でしょう。

このキーホルダーはまるでE.T.の土左衛門ですよ。20年ほど前に大量のデッドストックが二足三文で売られていたので、不憫に思って購入したのですが、いっぱいあっても仕方ないので友達の女の子にあげたら「いらない」と断られました。

こちらは目が妖しく光るソフビ人形です。劇中で光るのは指の先でしょうが~。E.T.に呪われているようにしか見えません。こちらも今でもデッドストックを時々見掛けます。

映画は誰もが感動できる名作ですが、その後、続編が作られなかったこともあり、同時代のスピルバーグ作品『グレムリン』と違ってE.T.はキャラクター商品として生き残ることはありませんでした。

しかし、そのおかげでE.T.グッズはどれも時代性が濃厚で、ヘンテコなキャラを商品化するメーカーの苦労がうかがえたりして、コレクションとしてはなかなか面白いと思います。あなたもいかがでしょう?

(写真・文/おおこしたかのぶ)

 

【あわせて読みたい】

※ 大門倒れる!「ドクターX」は今期が最後か

※ 宮根誠司が喰らった「文春砲」ネットでは大喝采

※ 大泉洋を茶化す演出「もう飽きた」視聴者不満爆発

※ 「フリーおっぱい」炎上YouTuberに放送のプロらが苦言

※ 松本人志「NGタレントが3人いる」