安室奈美恵は引退までコンサートひと筋!? 紅白出場完全消滅か

(C)まいじつ

来年9月16日で引退する歌手の安室奈美恵が、11月23日にNHK総合で放送された特別番組『安室奈美恵 告白』で独占インタビューに応じ、胸の内を明かした。

突然の引退表明について「理由はあり過ぎて、深過ぎて…。今回、40歳で25周年なのかなって。歌を歌う自分にピリオドを打つには、すごくいい節目の年なんじゃないかと思いました」と話した安室。明確な理由は明かさなかったが、引退を考え始めた時期については明言した。

「自分の頭の中に引退の文字がちらついたのは20代後半でした。手探りでいろいろ悩んで…。でも、誰にも相談もできずに。相談できないってことが一番の大きな悩みでもあって。誰にも言うことができず、迷っていたときにデビュー当時のことを思い出すことがあって…。デビューできて、すごくうれしいと思ったけど、一生続けていく仕事じゃないなと。デビューがあれば終わりがあると思ってしまって。始まりがあれば絶対、終わりがあるって」と心境を吐露していた。

さらに告白は続き、安室としては、20周年を迎えた35歳でドーム・ツアーを実現させ、夢をかなえてしまったことで、いったん燃え尽きてしまったという。

 

「紅白には出ない」という意志がある

「20周年のドーム・ツアーが終わったら引退するという話をマネジャーにもさせてもらって。そのあとの1年は自分の気持ちを精査する1年にしようと思った」と5年前に引退を決めていたことを話した。そして、「でも、20周年が終わったときに引退できなかった。すべてをやり尽くしたので、20周年のあとに引退できないって、一体どうしたらいいんだろうと。もう、燃え尽きていたので…。でも、ファンの人たちが悲しむので、自分がワクワクするにはどうしたらいいかと考えて、今度は25周年を目標に定めたんです。20周年で(ドーム・ツアーを)できたのも奇跡。5年後に(もう一度満足するものが)できるなんてあり得ない。だから、ファンの方に喜んでもらえる5年間にしようと、アルバム作って。コンサートして」と、この5年間の活動継続の理由を明かした。

「つまり、来年の9月までの活動はあくまで“コンサート”が中心になるということです。コンサートでファンに感謝を伝えたいというのが安室の思いであり、哲学です。ですから、今年末の紅白歌合戦には出ないというのが大方の見方です」(芸能記者)

今年の大みそか、安室が歌う姿を『紅白歌合戦』で見られることはなさそうだ。

 

【あわせて読みたい】

※ 不老不死!? 「科捜研の女」沢口靖子の外見に衝撃走る

 深田恭子35歳「悩殺インスタ投稿」が大反響

※ 工藤静香インスタで「イラッと来る」また大炎上

※ 中居正広が香取慎吾に「おれも入れて」と懇願

ボクシング井岡一翔「プライベート優先」王座返上の背景