人間用にも引けを取らない「ネコ家具」が大人気

いまや世間は空前の“猫ブーム”。現在、日本国内では約1000万匹が飼われているといわれ、ペット市場ではついに犬を抜いてトップになるほどの勢いだ。それに伴い、ペット関連市場も拡大を続けており、その経済効果は約2兆3000億円と試算されている。

そんな中、最近、猫好きのあいだで人気を呼んでいるのが『ネコ家具』だ。YouTubeに投稿された紹介動画はすでに45万回以上も再生されており、連日、アクセスが殺到している。

動画を見ると、おしゃれなリビングルームでネコがくつろいでいる様子が映し出されるが、よく見るとその大きさは人間用の4割ほどのミニチュアサイズ。まさにネコ専用のおしゃれなリビングルームがリアルに再現されているのだ。

製作したのは福岡県大川市の家具職人。素材にもこだわっており、『ネコソファ』はロッキー山脈で採れた松をフレームに使用している。また、『ネコベッド』は使用する板を規格サイズより8ミリも薄い15ミリのものを使用するなど、その細やかさは人間用の家具に引けを取らない。どちらもより繊細な加工が必要になるため、製作には約2カ月かかったという。

動画で登場するソファ、ベッド、チェスト、テーブルの4点は同市の観光・インテリア情報ステーション『TERRAZZA』で公開中だが、実際に購入したいという人からの問い合わせも多数寄せられており、市販化も検討されているという。

 

大型家具量販店にも手軽な価格の「ネコ家具」が

一方で、スウェーデンが発祥の家具量販店のイケア・ジャパンでは、犬と猫のための新ペット用品シリーズ『LURVIG/ルールヴィグ』を発売中だ。猫と犬用のベッドが4999円、クッションのついた脚付きキャットハウスは5499円、リビングの机の足に取り付ける爪とぎ用マットが699円など、いずれも手軽な価格でおしゃれなペット用家具が販売されている。

犬のように散歩も必要なく、その“ツンデレぶり”がたまらないと、いまや猫人気は一時のブームにとどまらない。休日ともなれば、かわいい我が子に何か買ってあげようと、ペット用品売り場は大盛況だ。

近いうちに、住宅メーカーから本格的なネコ専用の家まで発売される日がくるかもしれない。

 

【あわせて読みたい】