映画『ONE PIECE』最新作に酷評の嵐「Adoを推すための映画」

(C)Morumotto / Shutterstock 

8月6日、『ONE PIECE』の劇場版最新作『ONE PIECE FILM RED』の公開がスタート。順調に興収を伸ばしている一方、劇場に足を運んだ人からの評判は思わしくないようだ…。

今回の映画は、音楽の島「エレジア」を舞台に〝シャンクスの娘〟だという歌姫・ウタを中心とした物語が展開されていく。

ウタは〝ダブルキャスト〟となっており、ボイスキャストを声優・名塚佳織が、そして歌唱キャストを話題のシンガー・Adoが担当。これまでの劇場版『ONE PIECE』とは毛色の違う作品になることが公開前から示唆されており、ファンの間で大きな注目を集めていた。