セクシー女優・紗倉まな原作の文芸小説が映画化

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『最低。』

配給/KADOKAWA 11月25日より角川シネマ新宿ほかで公開
監督/瀬々敬久
出演/森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈、高岡早紀ほか

昨年話題となった犯罪映画『64-ロクヨン-』の瀬々監督が新たに挑んだ題材は、何と“アダルトビデオ”。原作は人気セクシー女優・紗倉まなの文芸小説で、すでに文庫本も出ている。

ここで描かれるのは、アダルトビデオに出た女性たちの事情と家族との関わり。そういえば、瀬々監督の出自はピンク映画で、かつては“ピンク四天王の一人”と呼ばれ、エロスを題材に意欲的な作品を監督していた過去もあるから、今回の演出はある種必然かも知れない。今年は『彼女の人生は間違いじゃない』、『身体を売ったらサヨウナラ』など“性産業”を題材にした好編が目立つが、この映画も間違いなくその1本だろう。

平凡な日常に耐えられずアダルトビデオ業界の門をたたく主婦を演じるのが森口彩乃、セクシー女優を天職だと信じて疑わない女優に扮するのは『フィギュアなあなた』(2013年)で見事なヌードを披露した佐々木心音、そして元セクシー女優疑惑の奔放な母親に翻弄されつつも、自分を見失わないように心掛ける絵のうまい女子高校生役の山田愛奈も熱演している。この三者をバラバラに描いているようでいて、後半に間接的直接的にリンクさせてゆく手法はよくあるが、今回は実に巧み。あまり具体的に書くとネタバレになってしまうけれど、例えば“絵の才能”の伏線などはなるほど納得である。アダルトビデオ業界を描くのだから当たり前だが、ヌードもふんだん。もちろん、アダルトビデオを上から目線で見ていないし、罪悪視もしていない代わりに美化もしていない。

 

「女性観客が観て、何を感じるか?」

脇の女優たちも素晴らしく、特に、“母親は元セクシー女優”というウワサが高校で広まり、娘に問いただされる母親役を演じた高岡早紀がイイ。あっさりと過去を認め、それがどうしたと居直るわけでもない自然体の雰囲気が独特で、これは本欄でもこの前紹介した『月と雷』の根無し草のようなフーテン女・草刈民代が演じたキャラクターとまるで“異母姉妹”のようで(ふてくされたタバコの吸い方まで似ている)、思わず見惚れてしまった。これは完全に女性映画。

女性観客が観て、何を感じるか? が重要かもしれない。題材がアダルトビデオという色眼鏡はこの際必要ない。『エミアビのはじまりとはじまり』(2016年)で若手漫才師役で主演した森岡龍など注目の男優も出ているのだが、今回は潔いほどに影が薄い。

「最低。」というストレートな題名が気になったら見て損はないはず。彼女たちが決して“最低。”ではないことが分かる。もちろん、“最高。”でもないんだけどね。そのさじ加減が味わいどころ。

 

【あわせて読みたい】

★11月25日公開
人間の奥深さを味わうことになる映画「光」 ほか