『呪術廻戦』はアウト? 古塔つみ活動再開でパクリ・オマージュ論争が再燃

『呪術廻戦』1巻(芥見下々 / 集英社)

〝トレパク疑惑〟に始まり、〝性別詐称疑惑〟や〝未成年女性への自撮り要求疑惑〟など数々の疑惑にまみれて炎上した、人気イラストレーターの古塔つみ氏が8月8日、自身のインスタグラムを再開。それに伴い〝パクリ論争〟のあった、大人気漫画『呪術廻戦』が再炎上している。

古塔氏は音楽ユニット『YOASOBI』のキービジュアルを手掛ける他、『ポケモン』など多くの企業とコラボするなど人気イラストレーターとして活躍。しかし、今年2月、作品の1つが有名写真家の作品と酷似している事が発覚し、その後も数々のスキャンダルが次々に明らかになり、批判の嵐に晒されていた。

今回、古塔氏は今年1月ぶりに自身のインスタグラムを更新。アナログ手描きを中心に、新しい試みを始めていることを説明し、今後はデジタルシミュレーションが増える旨を報告した。