『YOASOBI』ikuraの“巨大イクラ”がパンパンに「跳ね返されそう」

YOASOBI ikura 

YOASOBI ikura 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

8月8日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)に、大人気音楽ユニット『YOASOBI』のikuraが登場。朝から刺激的な胸元をさらけ出して、男性視聴者の視線を奪ってしまったようだ。

同日の番組では、「YOASOBI」が初めて出演したフェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022』の舞台裏を特集。

初日のヘッドライナーを務めた「YOASOBI」に密着し、前日のリハーサルを紹介していく。

誰も見たことのないステージを作ると断言した2人。一方でステージへの不安なども明かし、さらに当日への意気込みなども語っていた。そんな「YOASOBI」への密着だったが、特に注目を集めたのはikuraが映ったワンシーンでのことだった。

前日のリハーサルで実際のステージ付近へ足を運ぶ2人を捉えたシーンにて、ikuraを横から映した場面が登場する。この何気ないシーンの中で、注目すべきはikuraの胸元。彼女は白いTシャツを着用していたが、胸元はピンっと張った状態に。Tシャツがはち切れんばかりに大きく弧を描いており、まさに〝たわわに実った果実〟そのものだった。

ikuraの“巨大イクラ”に大興奮

爆発寸前にまで発達したikuraの胸元に、視聴者たちは大興奮。あまり大きいイメージがなかったせいか、ネット上では、

《朝からパンッパンに張ったお胸をお茶の間に披露》
《イクラじゃなくてもうスイカやな》
《夢と希望が詰まってそう》
《隠キャ受けする顔でちょっとぶりっ子で、バストがデカいってマジで最高よな》
《YOASOBIしまくりなのかな?》
《触ったら跳ね返されそう。夜に駆け回りたくなるな》

といった声があがることに。

「ikuraはやたらとネット人気が高い歌手の1人。けしからんバストを持っていて、オタク系男子たちの格好の餌食になっています。自称イラストレーターの古塔つみ氏とも面識があるようなので、彼も虜になってしまったかもしれませんね」(芸能ライター)

人気凋落が叫ばれている「YOASOBI」だが、ikuraが人気復活のカギを握っているかもしれない。

【あわせて読みたい】