『競争の番人』若手女優がかわいすぎると大好評「人形みたいな顔」

杏 坂口健太郎 

杏 坂口健太郎 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

8月22日、坂口健太郎と杏がダブル主演する月9ドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)の第7話が放送された。この回にゲスト主演した若手女優が話題となっている。

刑事の白熊楓(杏)は、ミスが原因で公正取引委員会審査局・第六審査へ異動させられてしまう。

そこには、天才で理屈っぽく、ひねくれ者の小勝負勉(坂口)など個性豊かなメンバーが在籍していた。白熊は公正取引委員会・第六審査、通称〝ダイロク〟の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、公正な競争の場を守る〝競争の番人〟として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実を炙り出していく。

第7話では、白熊が1人で調査案件を担当することに。調査案件は大手通販サイト『三ツ星マーケット』の自社オリジナルブランド『アンカレント』の再販売価格維持。再販売価格維持とは、メーカーやブランドが販売店に対して指定した価格で売るように圧力を掛ける事だ。

白熊が風見とネット通販会社を回ると、『三ツ星マーケット』ブランド事業部長・黒崎美佐子(雛形あきこ)の名で値引きを禁止するメールが届いていた。ある会社で話を聞いて帰ろうとした白熊に、館山留美(夏子)が声を掛ける。アパレル会社『ワンソーイング』のブランド事業部で販売不振に悩んでいる留美は、『三ツ星マーケット』の不正を公取が暴いてくれたら、自社製品も客に選んでもらえるようになると白熊に頼むのだった…。

「TikTokで人気のモデルみたいな顔」

この回のキーパーソンとして登場した留美だが、ネット上ではこれを演じた夏子に対して

《この子かわいいな、誰?》
《TikTokで人気のモデルみたいな顔》
《最近、この子出まくってんな》
《かわいいなこの子。ゲストは毎週かわいいね》
《人形みたいな顔してんな》
《競争の番人見ててこの可愛い女の子どこかで見たことあると思ったら、The holeのMV出てた子だった》
《この女優さん可愛いよね。誰?》

といった声が上がっている。

「夏子はアメリカの血が流れているクォーターの25歳。女優デビューしたのは2016年と結構前ですが、2019年頃から本格的に女優仕事が多くなり、最近は『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)などの話題作にもチョイ役で出演。ゴリ押しとは違って、堅実に経験を積んでいるようです」(芸能記者)

今後の活躍に期待だ。

【あわせて読みたい】