大門倒れる!「ドクターX」は今期が最後か

(C)まいじつ

11月30日に『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第8話が放送され、番組終盤に9話目の予告が流れた際、大門未知子(米倉涼子)が倒れる場面があった。そのため、視聴者は騒然としている。

第7話では、元大臣秘書官の八雲拓哉(林家正蔵)が根治不可能な『肝外発育型肝細胞がん』と診断され、手術することに。大門に執刀が一時は任された。しかし、院長の蛭間重勝(西田敏行)が突然「大門にオペをさせるな、海老名くんがしなさい」と指示。だが、外科副部長の海老名敬(遠藤憲一)は「患者死にますよ」と拒否する。急きょ、西山直之(永山絢斗)が申し出て八雲の手術を勝手に始めたが、手術はうまく進まない。そのときに大門が代わり、手術を成功させた。

西山は大門から「あんたに次はあっても患者に次はない、だから失敗しちゃだめなの医者は」と叱責を受けた。

そして、第9話の予告では、大門が「ひとりでも一日でも多くオペができますように」とこぼした場面があった。さらにフリーランスの麻酔科医である城之内博美(内田有紀)が「大門さーん、大門さーん」と名前を呼んだあと、大門が倒れているシーンが流れた。

 

「今シリーズで完結か?」と視聴者騒然

ツイッターには視聴者から《予告を見た。あまりにショックすぎて、泣きそうになって、過呼吸気味になった。みんなで未知子を救ってください》、《「大門先生が病に倒れる説」が濃厚。心臓が痛い》、《予告で大門先生が倒れて、やっぱり患者になっちゃうの…ってソワソワしている》などとさまざまな投稿がされた。

ドクターXは今期のなかでは屈指の人気ドラマだ。人気のシリーズドラマであり、今回で5期目を迎えている。そのため、新シリーズがあるのか、完結するのか視聴者は固唾を呑んで見守っている。

このドクターXシリーズについて米倉は「同じシリーズを続けたくない」という意向が強かったそうだが、離婚騒動で「仕事をしてるとまぎれる」とその考えを翻意し、続編が決定したと報じられたこともある。

完結するのかを判断するのは米倉自身なのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】

※ 宮根誠司が喰らった「文春砲」ネットでは大喝采

※ 大泉洋を茶化す演出「もう飽きた」視聴者不満爆発

※ 「フリーおっぱい」炎上YouTuberに放送のプロらが苦言

※ 松本人志「NGタレントが3人いる」

山田優「激痩せインスタ投稿」で巡るふたつの噂