『オールドルーキー』最終回で満場一致のクソドラマ認定…「黒歴史になりそう」

綾野剛 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

9月4日、綾野剛主演の日曜劇場ドラマ『オールドルーキー』(TBS系)の第10話・最終回が放送された。視聴率は及第点だったものの、ドラマファンは「日曜劇場の黒歴史」と大バッシングを浴びせている。

主人公は、元サッカー日本代表の新町亮太郎(綾野)。37歳で選手としてのピークは過ぎ、J3に所属するチーム「ジェンマ八王子」で活躍していたものの、チームが経営難で解散してしまう。

あっという間に無職になったところを、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」に拾われ、表舞台の選手から選手を支える裏方へ転向。セカンドキャリアで懸命に生きる新町の第二の人生が描かれる。