櫻井翔がNEWS ZEROで「くん付け」される残念な理由

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

日本テレビ『NEWS ZERO』のキャスターを務める『嵐』の櫻井翔だが、いよいよ不要論が露骨になってきた。

「父親が元総務事務次官で、来年1月から電通の執行役員になることが分かっています。もともと櫻井の起用は父親への“ご機嫌伺い”だといわれていました。テレビ局の電波は総務省の管理下であるため、日本テレビは櫻井を抱えておけば、放送問題が起きても安泰だと考えたのでしょう。そうでないと、ただの男性アイドルをニュースキャスターとして起用する意味などありません。櫻井の妹も日本テレビの社員です」(テレビ雑誌編集者)

櫻井は現在、NEWS ZEROに月曜日のみ出演しており、政治や時事問題を分かりやすく解説している。

「櫻井は大型スクリーンの横で指し棒を持って解説する場合が多いのですが、普通なら視聴者に向かってから指し棒に目を向けます。ところが櫻井はカンペを見ているのか、常にスタッフの方を見て指し棒を見る感じになっているのです。だから櫻井のときは目の動きがバレないように遠目で映すことがほとんどです」(同・編集者)

 

「櫻井キャスター」とは呼ばれない

番組のメインキャスターは元大蔵省(現・財務省)官僚の村尾信尚。経済の専門家だ。

「村尾が櫻井のことを呼ぶときは『櫻井くん』、『櫻井さん』と言ったあと、『櫻井キャスター、どうですか』と言い直しするケースが多いのです。つまり、村尾は本心では櫻井のことをキャスターとは思っていないのです。村尾が櫻井に話を聞くときは感想しか聞かないし、改善案など絶対に質問しません」(日本テレビ関係者)

以前、日本テレビのラルフ鈴木アナウンサーが、スポーツニュースのときに、思わず「櫻井くん」と呼んでしまうこともあった。

「ラルフ鈴木アナは無意識で“くん付け”が出たらしく、言い直しをしませんでした。多分、普段からそう呼んでいるので訂正もしなかったのでしょう」(同・関係者)

それにしても、なぜ櫻井は放送現場でこうも評判が悪いのか。

「取材に行っていないのに取材に行ったふりをしたり、ニュースの解説にしても自分でやらずスタッフが作った台本を棒読みするだけです。取り組み方が真剣ではないのです」(同)

降板させられるのはいつだろうか。

 

【あわせて読みたい】

※ 小島瑠璃子が日馬富士暴行問題で見せた「コメント力」の高さ

浜崎あゆみの「ライブ流出映像」にファン絶句

※ 島崎遥香がツイッターに「意味不明投稿」非難の嵐

※ 桐谷美玲「激ヤセ」の裏に略奪されたサッカー選手の存在

※ 大門倒れる!「ドクターX」は今期が最後か