『ユニコーンに乗って』最終回に大酷評!「駄目ドラマの全てが詰まってる」

永野芽郁 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

俳優・永野芽郁が主演を務めるドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)の第10話・最終回が、9月6日に放送された。もともと内容など一切評価されていない作品だが、それでも「最終回がクソつまらない」と批判が起こっている。

主人公・成川佐奈(永野)は5年前、大学に潜り込んで聞いた羽田早智(広末涼子)の講義をきっかけに、須崎功(杉野遥亮)ら仲間と共に3年前に起業し、教育系アプリを手掛ける「ドリームポニー」を設立した。