夏ドラマ壊滅! クソドラマが史上最多の5作「本当に時間の無駄だ」

綾野剛 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

夏ドラマが軒並みクライマックスに突入しているが、視聴者からは「今期はクソドラマが多すぎ」との指摘が相次いでいる。

まず、今期ドラマの中でまごうことなきS級クソドラマと評価されているのが、綾野剛主演の日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系)、永野芽郁×西島秀俊の『ユニコーンに乗って』(TBS系)、構想20年ドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)、永瀬廉主演の『新・信長公記 ~クラスメイトは戦国武将~』(日本テレビ系)、そして4月から放送中の朝ドラ『ちむどんどん』(NHK)の5本だ。

さらに準クソドラマとしては、月9の『競争の番人』(フジテレビ系)、遊川和彦氏脚本の『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系)が挙げられている。