ベッキー「イメージ回復困難」演技にシフトし女優転身へ

(C)まいじつ

不倫騒動のイメージダウンを免れなかったベッキーだが、徐々に仕事が増えてきているという。ベッキー本人が12月1日におこなわれた音楽特番『スカパー! 音楽祭2018』(BSスカパー!)の記者会見で明らかにした。

ベッキーは会見で「(今年)前半は割とゆったりとしたスケジュール」だったそうだが、「笑顔で年越しできるなんて幸せ」と笑みを見せ、「お正月休みはないくらい仕事が入っている」と明かした。さらに「(来年は)プライベートも楽しんで充実した年にしたい」と語った。

しかし、ベッキーが地上波テレビでレギュラー出演している番組はまだない。現在のレギュラーはインターネット配信番組とCS放送のみである。10月にゲスト出演した『にけつッ!!』(日本テレビ系)でお笑いコンビ『アンガールズ』の田中卓志との交際できるかと聞かれた際に、「ちょっと無理ですね」と答えてしまい、批判を浴びている。

 

映画や舞台の仕事へシフトか

「このままでは地上波でレギュラー番組を獲得するのは難しいように思えますが、ベッキーは新たな転身を図っているようです。それは女優業で、今年7月に公開された映画『JKニンジャガールズ』に出演しています。さらに、親交が深い放送作家の鈴木おさむ氏が手掛けた11月の舞台『三途会~私の人生は罪ですか?~』にも起用されました」(芸能記者)

ベッキーは舞台の千秋楽公演が終わったあと、インスタグラムにこんな投稿をしている。

舞台が終わった充実感に加え、《次の映画の撮影》があると書き綴り、女優としての仕事が続いていることを示唆した。このベッキーの投稿に、ファンから応援のコメントが多数寄せられている。

2013年にはドラマ『ショムニ』(フジテレビ系)に出演したこともあるベッキー。タレントとして頭打ちなら、女優に転身した方が確かにいいかもしれない。問題は、こびりついたイメージを一新させるだけの演技力だが、はたして…。

 

【あわせて読みたい】

※ 小島瑠璃子が日馬富士暴行問題で見せた「コメント力」の高さ

浜崎あゆみの「ライブ流出映像」にファン絶句

※ 島崎遥香がツイッターに「意味不明投稿」非難の嵐

※ 桐谷美玲「激ヤセ」の裏に略奪されたサッカー選手の存在

※ 大門倒れる!「ドクターX」は今期が最後か