韓国「期待の新星」平昌五輪ぶっつけ本番の羽生結弦に挑戦!?

(C)Tatiana Edrenkina / Shutterstock

(C)Shutterstock

フィギュアスケートの羽生結弦は、11月9日におこなわれたグランプリシリーズ第4戦目のNHK杯の公開練習中に右足関節外側靭帯損傷の重傷を負った。そのため、平昌冬季五輪が“ぶっつけ本番”になる見通しだという。

「12月21日の全日本選手権は平昌五輪の選考会を兼ねていますが、怪我を負った羽生は間に合わないでしょう。出場できたとしても、大技は使えません。しかし、羽生の平昌五輪出場は間違いありません」(体協詰め記者)

日本の男子フィギュアの出場枠は3名。代表に選ばれる条件は《全日本選手権の優勝》か、《同大会の2、3位。あるいは世界ランク上位3名から選ぶ》となっている。つまり、現在、世界ランキング1位の羽生は全日本選手権で表彰台を逃したとしても、3人枠には十分残れるのだ。

「しかし、平昌五輪にはほとんど事前の準備無しで挑まなければなりません」(関係者)

 

平昌五輪で羽生の将来のライバルがお披露目か

こういった状況で、韓国に期待の新星が現れたという。チャ・ジュンファンという選手で、平昌五輪の次の北京冬季五輪で「羽生を倒すかもしれない」と期待されている16歳だ。奇しくも、羽生のコーチであるブライアン・オーサー氏の教え子でもある。

「平昌大会後、オーサー氏がこのチャ・ジュンファンの指導に専念するとの情報も交錯しています。チャは羽生を尊敬していますが、エキシビションでお披露目されるとも聞いています」(同・関係者)

現代のフィギュアスケートを象徴するような選手の羽生、未来のエース候補として期待されるチャ、ふたりを知るオーサーコーチ。この3人が平昌五輪で顔を合わせる。

 

【あわせて読みたい】

※ 近藤真彦「過剰接待」も歌はカラオケレベル!批判殺到

浜崎あゆみの「ライブ流出映像」にファン絶句

※ 小島瑠璃子が日馬富士暴行問題で見せた「コメント力」の高さ

※ 島崎遥香がツイッターに「意味不明投稿」非難の嵐

※ 桐谷美玲「激ヤセ」の裏に略奪されたサッカー選手の存在