ひろゆきは日本国民の代弁者? 統一教会×自民党の蜜月を一刀両断して話題

ひろゆき氏 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

安倍晋三元首相の銃撃事件をキッカケに明らかとなった、宗教団体『世界平和統一家庭連合(旧・統一教会)』と『自民党』の蜜月な関係。日々新たな情報が飛び交っているが、未だに政府が本格的な調査へ動き出す気配はない。

そんな中、実業家の〝ひろゆき〟こと西村博之氏が、世間の意見を代弁するかのような強気な発言を繰り出している。

「統一教会」と「自民党」の関係性が発覚してから早数カ月。『毎日新聞』と『社会調査研究センター』が9月17日と18日に実施した〝全国世論調査〟では、岸田内閣の支持率が36%から29%まで下がったことを発表。また、統一教会の問題を巡る対応について、「評価しない」は72%だったことを明らかにしている。