『ちむどんどん』もう滅茶苦茶…ヒロインが育児放棄か「子育ては人任せ」

(C)Dutchmen Photography / Shutterstock

俳優の黒島結菜がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』第119話が9月22日に放送。相変わらずのハチャメチャ展開に、視聴者が憤慨している。

同作は1964年、まだアメリカ統治下だった沖縄の「やんばる地域」を舞台に、主人公・比嘉暢子(黒島)が、ふるさとから料理人を目指すストーリー。

現在の暢子は、イタリアンレストランで約7年の修業を終え、自身の沖縄料理店「ちむどんどん」をオープンさせている。