香取慎吾の3年ぶり主演映画に賛否!「描写が素晴らしい」「キツかった」

香取慎吾 (C)まいじつ

元『SMAP』香取慎吾が3年ぶりに主演を務めた映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』が、9月23日に公開された。夫婦の譲れないバトルを描いたブラックコメディー映画だが、見る人によって評価が分かれているようだ。

映画『凪待ち』以来、3年ぶりに主役を務めた香取は、鈍感なダメ男・裕次郎を熱演。表向きは仲良し夫婦に見える裕次郎と日和(岸井ゆきの)の〝譲れない夫婦バトル〟を描いていく。

夫婦バトルの発端は、日和が「旦那デスノート」を投稿していることに裕次郎が気づいたことから。裕次郎は人づてに「旦那デスノート」の存在を知るのだが、明らかに自分のことが書かれていることに気がつく。