綾野剛、永野芽郁、町田啓太…2022年夏を盛り下げたクソドラマたち

綾野剛 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

日本ドラマ史に残る大爆死シーズンとなった2022年夏ドラマ。クソドラマが量産されたが、中でも酷かったワースト3を発表しよう。

まず名前が挙がるのは、綾野剛主演の日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系)だろう。綾野が演じるのは、主人公の元サッカー日本代表・新町亮太郎。