麒麟・川島が感動! ジャニー喜多川氏の楽屋エピソードに「粋やな~と思って」

(C)yu_photo / Shutterstock 

9月27日放送の『クイズ!ドコノゴハン ~舌から学ぶニッポン~』(関西テレビ)で、『ジャニーズ事務所』元社長・ジャニー喜多川氏の逸話が紹介された。

この番組は〝全ての味にはワケがある〟をテーマに、ニッポンのさまざまなゴハンの裏側に密着するという内容。

最初に紹介されたのは、大阪『松竹座』の隣に店舗を構える、『はり重』のお弁当だ。実はこのお弁当、ジャニー喜多川氏がデビューに向けて松竹座の舞台に立つジャニーズJr.へ差し入れしていたもの。1カ月にも及ぶ公演に挑むジャニーズJr.のために、初日、中日、千秋楽と、異なるメニューのお弁当を用意していたとのことで、『ジャニーズWEST』濱田崇裕は「『明日初日やー!』っていうよりも、『明日はり重やー!』みたいな」とお弁当がモチベーションに繋がっていたと語る。

このエピソードをVTRで観た番組MC『麒麟』川島明は、今年に入って舞台『滝沢歌舞伎ZERO』を鑑賞したことを告白。鑑賞後、裏にあいさつに通してもらった川島が見たものは、今は亡きジャニー喜多川氏の楽屋。「まだジャニーさんの楽屋あるんすよ。粋やな~と思って」「ジャニーさんがいつ観に来てもいいように、もう全部水もセッティングしてあんの」と感激したと言う。

傍から見ると異常な光景だけど…

また、「(タレントたちが)ちゃんとあいさつ行くねんね。ノックして『おはようございます! よろしくお願いします!』って。すごい良い話なんですよ」と明かすと、『なにわ男子』大橋和也は「(あいさつに)行きます。頑張るからね、言うて」と補足。スタジオは感動の空気に包まれるのだった。

「千秋楽で差し入れされる『洋風弁当』は、1つ2160円とお高め。しかしジャニーさんは、育ち盛りのJr.のために、いつも人数分より多く注文していたと言います。そんな行動にも愛を感じますね。濱田さんが、『これからジャニーさんって人を知らずに入ってくる子達(Jr.)も多いから、〝こういう素敵な社長さんがいたんだよ〟っていうことを僕らが言いたい』と語るのも納得です」(芸能ライター)

こうしたジャニー喜多川氏の逸話の数々に、視聴者からは

《こんなにエモい内容やったとは ジャニーさんの楽屋があるお話、とっても素敵でした。はり重さん、食べてみたいなぁ》
《ちょっと鳥肌 ホントいい話…ジャニーさん、素晴らしい若者たちを世の中に出してくれて本当にありがとうございます》
《今も皆の中ではジャニーさんは生き続けてるのね…ええ話》
《今でもジャニーさんの楽屋があって、お水も用意してあるし挨拶にも行くのシンプルに泣いちゃった》

など、感動する声が多く上がっている。

はり重の差し入れも、楽屋も、ずっと続いてほしいものだ。

【あわせて読みたい】