バナナマン代役が霜降り明星で波紋…今週の芸能ニュースTOP10

バナナマン 

バナナマン (C)まいじつ 

いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週もっとも話題となった芸能記事をご紹介します(9/29配信まで、独自ポイントで集計)。

1位 バナナマンの代役が霜降り明星!? 伝説番組復活で波紋「マジなんなん?」 165pt.

バナナマンの代役が霜降り明星!? 伝説番組復活で波紋「マジなんなん?」

2位 『EXIT』兼近が“NG番組”を告白! オファーされるも「苦手なんだよね」 129pt.

『EXIT』兼近が“NG番組”を告白! オファーされるも「苦手なんだよね」

3位 村上虹郎の“共演NG俳優”が発覚! 仲良しイメージから一変「相当闇が深い」 119pt.

村上虹郎の“共演NG俳優”が発覚! 仲良しイメージから一変「相当闇が深い」

4位 千秋が“伝説の音楽グループ”に本音「嫌でした」「号泣した」 114pt.

千秋が“伝説の音楽グループ”に本音「嫌でした」「号泣した」

5位 松本人志が本気ダメ出し! 人気芸人のやらかしに「最低限気づこうや」 107pt.

松本人志が本気ダメ出し! 人気芸人のやらかしに「最低限気づこうや」

6位 木村文乃にジャニーズがマジ照れ! 公開イチャイチャに「結婚してほしい」 81pt.

木村文乃にジャニーズがマジ照れ! 公開イチャイチャに「結婚してほしい」

7位 『ネプリーグ』伝説の放送事故ふたたび! ベテラン芸人が10秒間“無言”に… 75pt.

『ネプリーグ』伝説の放送事故ふたたび! ベテラン芸人が10秒間“無言”に…

7位 『千鳥』大悟が“同郷の売れっ子歌手”に恨み節で反論続出「嫉妬してるのかな?」 75pt.

『千鳥』大悟が“同郷の売れっ子歌手”に恨み節で反論続出「嫉妬してるのかな?」

9位 『競争の番人』最終回に愛媛県民からツッコミ殺到「そんなんあったっけ?」 71pt.

『競争の番人』最終回に愛媛県民からツッコミ殺到「そんなんあったっけ?」

10位 『ちむどんどん』が止まらない…ヒロイン・黒島結菜にドン引き「共感できない」 65pt.

『ちむどんどん』が止まらない…ヒロイン・黒島結菜にドン引き「共感できない」

『EXIT』兼近の“NG番組”とは?

今週もっとも注目を集めたのは、9月19日放送のバラエティー特番『お笑いオムニバスGP』(フジテレビ系)の話題でした。

番組内で、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同系)内で放送されていた伝説の企画「2億4千万のものまねメドレーGP」が復活しました。

『おかげでした』放送時には、『バナナマン』の2人がレギュラー出演。設楽統がMCと口上を担当し、日村勇紀がトップバッターで登場、毎回優勝の絶対王者として君臨するのがお決まりでした。

しかし、2021年に4年ぶりに復活した際、そこに「バナナマン」の2人の姿はなし。今回また1年ぶりに復活しましたが、やはり2人の姿はありませんでした。

そして今回、『霜降り明星』せいやが〝疑惑の優勝〟を果たし、最後にもう一度モノマネを披露。日村が担当していた役割を担ったのですが、

《やっぱり2億4千万のトップバッター及びキングオブキングは日村さんだし、司会は設楽さんがいいなー》
《日村が出なかったら2億4千万じゃないんだよ》
《2億4千万は設楽司会/日村優勝がやっぱり最高のテンプレやってんなぁ…》

といった、「バナナマン」不在で物足りなかったとの声が殺到しました。

ちなみに、今年6月の『バナナサンド』(TBS系)では旅行ロケの車内で、日村がアカペラで「2億4千万のものまねメドレー」を披露。口上を設楽がやっていました。本人たちはやりたそうなだけに、実現しないのが悔やまれるところです…。

続いては、人気お笑いコンビ『EXIT』が明かしたNG番組についての話題。彼らは9月20日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)に出演しました。

りんたろー。は「占いの仕事が来た時に、兼近さんが『ごめんなさい』みたいな感じになって…」と、相方・兼近大樹が占い番組のオファーを断っていたことを告白。

理由について兼近は、「苦手なんだよね」「信じる信じないとかじゃないのよ。『論文持ってこい』って話なんだよ」と、非科学的で相手にするまでもないと一蹴します。

りんたろー。は「最悪!」「ファンタジーだから!」とフォローするも、兼近は「占いができるなら『俺が占いを得意じゃない』ということを把握してほしい」と逆説的に鋭く指摘。しかし、りんたろー。は占いが大好きで、マネージャーには「りんたろー。1人だったら出演OK」と伝えたのだそう。

ところが、非情にも番組から返答はなかったそうで、りんたろー。は「それ以来、番組から連絡がないです」「1人だとちょっと弱いんです」と、先方の目的は兼近なのだと自虐しました。

占いを拒絶するというサイエンティフィックでスマートな兼近に、ネット上には

《兼近とは話が合うな。占いなんてまったく信じられん》
《占いって要は霊感商法みたいなものだよ》
《占いのエビデンスを示せ、という意味でしょう 良い態度です》

などの反応が上がったのでした。

数年後、仕事が減って〝過去の人〟となった兼近が、生活のため占い番組へ出ることがないように願いたいところです。

果たして、来週はどんなことが話題になるのでしょうか。

【あわせて読みたい】