『ポップUP!』“超早期”打ち切りの戦犯は…キャスティングが無能すぎた?

(C)yu_photo / Shutterstock

フジテレビが『バイキングMORE』の後番組としてスタートさせたお昼の帯番組『ポップUP!』が、度重なる低視聴率からついに番組終了を迎える。劇的な打ち切り劇だが、なぜここまで評判が悪かったのだろうか。

「番組は今春スタートするも、くだらなさとつまらなさから、視聴率1%台が相次ぐ超大爆死の日々。ワンクールも終わっていない段階から打ち切りが囁かれ、9月末、ついに番組内で正式に年内終了が告げられました」(テレビ誌ライター)

終了に関し、ネット上には、番組内容を引き合いに出しての「打ち切りも当然」という厳しい反応が目立っている。どうやら、視聴者もつまらないと感じていたようだが、根本的な原因は他にあるのではないかとも…。

「企画どうのこうのよりも、レギュラー出演者が全員しょぼ過ぎました。その顔ぶれを見てみると、小泉孝太郎、佐藤仁美、犬飼貴丈、前田敦子、東原亜希、トラウデン都仁、井手上漠、工藤美桜など、すでに旬が過ぎたタレントや無名モデルばかり。どの曜日も、同局系の『クイズ! 脳ベルSHOW』に出てもおかしくないレベルの2流タレントと、ほぼ素人のような若者タレントで、キャスティングにセンスがなさすぎです」(テレビ局編成関係者)

無能・無名・オワコン…追い討ちをかけたMC

あまりにセンスのないキャスティングのせいか、なんと、今回の打ち切りは彼らにとってノーダメージだというのだ。

「もともとオワコンイメージな2流タレントは、打ち切りになったところで、今さらマイナスイメージにならない。逆に、『おぎやはぎ』や『平成ノブシコブシ』吉村崇らは、もともと売れっ子だったため、この打ち切りくらいで仕事が減るようなことはありません。強いて言えば、帯番組レギュラーで今後の飛躍を狙うも、実力不足で何もできないことが露呈した若者タレントは窮地でしょうね」(広告代理店関係者)

残念ながら、キャスティングの時点で、こうなる未来は決まっていたのかもしれない。一方、MC次第ではこういった集団もまとめ上げられたのではないかとも…。

「番組MCは佐野瑞樹&山崎夕貴のダブルアナウンサーのため、芸人のような場の回し方はできません。これでは毒にも薬にもならず、面白味に欠ける進行のため、番組がつまらなくなるのも当然です。前番組の『バイキング』は、MC・坂上忍が憎まれ役を買い、多くの批判を浴びながらも、現場を率いて、結果的に話題を呼んでいましたからね」(バラエティー関係者)

フジテレビは業績悪化による退職者の連続で、番組作りさえまともにできなくなってしまったのだろうか…。

【あわせて読みたい】