“4630万円誤送金”田口被告は無罪? 初公判前の弁護人の主張に賛否

(C)pathdoc / Shutterstock

今年5月頃に世間を賑わせた、山口県阿武町の〝4630万円誤送金騒動〟の刑事裁判で、田口翔被告の弁護人が〝無罪〟を主張すると表明し、物議を醸している。

起訴状によると、田口被告は誤って振り込まれた金と知りながら、ネットカジノの決済代行業者の口座に振り替え、不法に利益を得たとされている。

10月5日の初公判を前に、田口被告の弁護人が9月29日に会見を開き、「無罪を主張」すると表明。検察側が、決済代行業者の口座に振り替える際に「虚偽の情報を与えた」としていることに、ネットバンキングで操作をする中で口座番号やパスワードなどに嘘の情報はなかったなどとして、無罪を主張するという。