『六本木クラス』最終回で原作改悪! まさかのオチに不満「事務所NGなの?」

平手友梨奈 竹内涼真 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

9月29日、竹内涼真の主演ドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)の第13話・最終回が放送された。クライマックスシーンが物議を醸している。

同作は、韓国で放送されて大ヒットし、『Netflix』経由で日本でも大ブームを巻き起こした『梨泰院クラス』を、日本版としてリメークした作品。

主人公の宮部新(竹内)は、金と権力を振りかざす巨大企業「長屋ホールディングス」の会長・長屋茂(香川照之)に復讐を果たすため、六本木に自分の居酒屋「二代目みやべ」をオープンさせる。そして、インフルエンサーの麻宮葵(平手友梨奈)ら仲間と共に、店の成長に人生を捧げるのだった。