“#ちむどんどん反省会”ロスのSNS民続出!「番組ロスにはなりませんが…」

(C)Dutchmen Photography / Shutterstock

NHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』が9月30日、ついに最終回を迎えた。ドラマ放送中や放送後にツイッター上で盛り上がっていた「#ちむどんどん反省会」タグでは、本編ではなく〝反省会ロス〟を訴える声が多く上がっている。

同作は、まだアメリカ統治下だった1964年の沖縄「やんばる地域」を舞台に、ヒロイン・暢子(黒島結葉)がふるさとから料理人を目指すストーリー。

29日の放送で突然倒れ、数日間眠ったままの三女・歌子(上白石萌歌)。最終回では、暢子が「ニーニー、ネーネー、行こう。一緒に来て」と兄姉に声をかけ、そのまま海へ行き「お父ちゃーん! 歌子を助けてちょうだーい! お父ちゃーん!」と、みんなで天国にいる父・賢三(大森南朋)に呼びかける。