ざわちん「YouTube動画」へ辛辣コメントが殺到した理由

ものまねタレントのざわちんの周辺がざわついている。ざわちんは11月20日にYouTubeでチャンネルを公開して動画を投稿したのだが、これが炎上しているのだ。

動画の内容は“普段メイク”のプロセスを紹介し、日ごろ使用しているメイク道具を紹介しながら、フルメイクを完成させるという内容だ。

そして、この動画のコメント欄には多くの批判が投稿されている。

《メイクで稼いでる(?)のにメイクのやり方が雑すぎてなにがしたいのか全く分からない。ただ使ってる化粧品の紹介動画?》
《まったく参考にならないし、間違ってる化粧品の紹介があるし、せっかくメイクしたのに髪の毛降ろさないでそのまま…。YouTubeとかやらない方がいいと思います。》
《YouTubeなめてますか?こんなんで参考に出来るわけないですよね。メイクYouTuber見て出直してください。本気でやってる人達に失礼です。》

評価も高評価が約600に対して、低評価が約4500と圧倒している。

ざわちんがここまで批判されているのには理由がある。SNSに投稿した画像に無断転用が多くあったことや、ものまねメイクが画像合成なのではないかという疑惑だ。

 

沈黙を続けるざわちん

投稿した画像は海外の一般人からのものが多く、元の投稿が1年以上前のものから、ひどいのになると誤差が2週間ほどしかないものもある。ほかには料理やファッション、自宅の画像まで何でもありだという。

ものまねメイクも、色相や彩度などさまざまな観点から検証し、ざわちんを“黒”だとした主張がインターネット上で報告されており、しかも《今話題()のガッキーのモノマネメイクですが、この写真はガッキーの目の位置と一致するのにざわちん自身の目の位置と一致しません。》と内容も具体的だ。

YouTubeのコメント欄でもこのことは言及されている。

《モノマネメイクは合成だったんですよね? 解析業者により解析されてネットニュースになっていましたね!炎上商法だとは思いますがどうかと思いますよ。》
《まず無断転載謝れ!謝罪が先だろ!》

これらに対してざわちんは返信することなく、SNSも芸能活動も続けて沈黙を貫いている。

YouTubeは、動画の再生数とチャンネル登録者数によって報酬額が変わる。簡単に言うと動画の再生回数とチャンネル登録者数が多ければ多いほど、報酬額が上がる仕組みになっているのだが、動画の再生回数約8万5000回、登録者数4000人と、ざわちんはタレントのなかでは淋しい部類だ。

このまま沈黙を続けていては人気も仕事もなくなってしまうかもしれない。釈明を待ちたい。

 

【あわせて読みたい】

※ 前田敦子「顔が変わりすぎ」すれ違って分からないスタッフも

※ 近藤真彦「過剰接待」も歌はカラオケレベル!批判殺到

※ 浜崎あゆみの「ライブ流出映像」にファン絶句

※ 小島瑠璃子が日馬富士暴行問題で見せた「コメント力」の高さ

※ 島崎遥香がツイッターに「意味不明投稿」非難の嵐