「行けば、何とかなるさ」橋下徹“猪木さん名言”間違え…ファンから猛ツッコミ

橋下徹 

橋下徹 (C)まいじつ 

10月3日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)に、元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏が出演。今月1日に心不全のため亡くなった元プロレスラーで参議院議員も務めたアントニオ猪木さんの訃報に言及し、ネット上でさまざまな声が上がっている。

番組では猪木さんの訃報を受け、弟・啓介さんに語った最期の言葉や、闘病を支えた妻で2019年に逝去した橋本田鶴子さんとのエピソードを特集した。

猪木さんの代名詞ともいえる〝闘魂注入ビンタ〟をされた過去を持つ橋下氏は、「同じ維新の会で一緒になったんですけど」と切り出すと、「猪木さんは石原慎太郎さんのグループだったので、あまりその…一緒に濃密な活動はしてませんでした」とコメント。

一方、「昭和の時代の僕はこういう闘魂とかチャレンジとか、いわゆるハングリー精神が大好きなんですね。日本の若い人にはこういう精神というのは基礎として持ってもらいたいと思う」と猪木さんのマインドを称えた。

最期に、「大阪でビンタされたときは『大丈夫でしたか』って声をかけてくれて。〝行けば、何とかなるさ〟やっぱりこの言葉に尽きる」と振り返った。

アントニオ猪木さんの名言を間違え…

「橋下氏が言及したのは〝この道をゆけばどうなるものか、危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ 行けばわかるさ〟という詩の一節でしょう。この詩は猪木さんの座右の銘として有名で、〝迷わず行けよ 行けばわかるさ〟という部分が多くフューチャーされてきました。番組では猪木さんの言葉がいかに印象深かったかを伝えたかったようですが、少し言い回しが違っていました。加えて、日ごろから自身のSNSで日本の政治に対し、たびたび異論を唱えている橋下氏ですが、関わりの深かった猪木さんに対しては追悼の意を示す投稿はしていませんでしたね」(芸能記者)

橋下氏のコメントに、ネット上では

《薄いコメントだな。知らないなら語らない方がよい》
《橋下さん、猪木さんの話題になるとすぐに古市氏に振るところは、故人を偲ぶコメントが出来ない人なんだなと》
《橋下氏の話の内容はなんか薄っぺらい…聞いてても響かないんよ》
《「行けばなんとかなるさ」って誰の言葉ですかね》
《アントニオ猪木が「行けば何とかなる」って言ったって紹介してたけど「行けばわかるさ!」だからね》
《猪木さんに関する言及があまりないのは「石原慎太郎が連れてきた変な人」ぐらいにしか彼のことを思ってないんやろうな》
《どうやら橋下さんは、プロレスを見ていたとしても全日本を見ていたのでしょうね。時間帯も違うし、猪木さんの言葉の引用間違いを含めて、特に猪木さんのファンだったわけではなかったことは分かります》

など、疑問の声が上がっている。

過去に橋下氏は猪木さんの北朝鮮訪問を批判したものの、猪木さんは「東京の維新とは(事前に)打ち合わせしていた」と断言。こうした食い違いから、2人の関係について、ネット上で物議を醸した過去もある。

さまざまな事情があるとはいえ、名言を間違えたのはさすがにまずかったかもしれない。

【あわせて読みたい】