長渕剛“北海道を外国人に売らないで”発言に称賛!「さすが鹿児島の星」

長渕剛 

長渕剛 (C)まいじつ 

歌手の長渕剛が10月1日、自身のYouTubeチャンネルを更新。北海道・札幌文化芸術劇場で行われたライブ映像を公開し、ファンからさまざまな声が上がっている。

長渕は「僕は北海道が大好きです! 空が高いし、青いし、空気が綺麗だし。水も豊かだし、人間も優しいし、僕は大好きです!」と声を上げると、会場は大盛り上がり。

「この北海道という街は、その昔、開拓民たちが一生懸命に開拓した街だ。お願いだから、この自然に満ち満ちたこの土地を、外国人に売らないでほしい」とメッセージを送り、訪れた観客は次々に「感動しました!」と声を上げた。

「北海道を守ってほしい」

今回、長渕の「外国人に売らないでほしい」という強いメッセージに、ネット上では

《もう北海道だけじゃなくて日本全体だよ。自分の住んでいる県は大丈夫なんて考えていたら、取り返しがつかないことになる》
《長渕剛よくいってくれた! 全国の知事さんや市長さん達ももっと働きかけて欲しい》
《さすが、鹿児島の星だな!》
《影響力のある人が声をあげてくれるの嬉しい! 有名な観光地から買われている。本当になんとかしないと》
《最近政治的発言をする芸能人は多いけど、長渕氏のこの言葉は政治的な臭いがしなくて良いですね。昔開拓民が一生懸命開拓した北海道を守ってほしい》
《やっぱり愛国心があるね。何で政府は外国人が日本の土地買えるままにしてるんだろうか》

など、大きな反響を呼んでいる。

「最近は円安を背景に、中国資本が北海道の大地を〝爆買い〟しており、問題視されています。九州出身の長渕があえて指摘したことで、北海道のファンも思わず感極まってしまったようですね。俳優の柴咲コウは北海道で中国人実業家と牧場を共同経営し、東京との二重生活を送っていますが、長渕にしてみたら複雑な気持ちでしょう。長渕は愛国心が強いことでも知られており、今回のメッセージは多くのファンの心を揺さぶったようです」(芸能ライター)

そのうち、「外国人より高く買ってやるから俺に売れ!」という長渕の熱い言葉が飛び出すかもしれない。

【あわせて読みたい】