『舞いあがれ!』初回から“反省会”がブームに…重箱の隅をつつく視聴者たち

福原遥 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

NHKの連続テレビ小説史上ワーストの出来との呼び声も高かった『ちむどんどん』が終了し、10月3日から『舞いあがれ!』の放送が始まった。しかし前作からの流れで、第1話からネット上でおかしなブームが巻き起こっている。

「舞いあがれ!」は、空を飛ぶことを夢見る少女・岩倉舞(福原遥)の半生を描いた物語。第1話では朝ドラらしく、幼少期のエピソードが放送された。原因不明の発熱で小学校を休みがちだった舞は、久しぶりに登校したところウサギの飼育係に任命されることに。

しかしウサギが脱走してしまい、捜索に走り回った舞は再び発熱。そんな病状から母のめぐみ(永作博美)は、環境を変えるために舞を連れて故郷の長崎・五島へと帰ることを決意するのだった。