『舞いあがれ!』初回から“反省会”がブームに…重箱の隅をつつく視聴者たち

福原遥 

福原遥 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

NHKの連続テレビ小説史上ワーストの出来との呼び声も高かった『ちむどんどん』が終了し、10月3日から『舞いあがれ!』の放送が始まった。しかし前作からの流れで、第1話からネット上でおかしなブームが巻き起こっている。

「舞いあがれ!」は、空を飛ぶことを夢見る少女・岩倉舞(福原遥)の半生を描いた物語。第1話では朝ドラらしく、幼少期のエピソードが放送された。原因不明の発熱で小学校を休みがちだった舞は、久しぶりに登校したところウサギの飼育係に任命されることに。

しかしウサギが脱走してしまい、捜索に走り回った舞は再び発熱。そんな病状から母のめぐみ(永作博美)は、環境を変えるために舞を連れて故郷の長崎・五島へと帰ることを決意するのだった。

注目の第1話放送後、ツイッターでは「#舞いあがれ反省会」といったハッシュタグが誕生。そこには、

《内容が薄いかな。初回のパンチがない》
《洗濯のシーンがでてきたけど、子どもが帰る時間の夕方に洗濯するの?》
《ちょっと1つだけ気になることが。玄関の石の門が作り物とわかりやすい》
《飛行機の窓が大きくてリアリティがない》
《1つだけ物凄く不満点。ウサギ小屋の床が土とかダメだろ。ウサギは穴を掘る習性があると学校側は知らんの?》

など、重箱の隅をつつくような指摘が寄せられていた。

第1話からの“姑ムーブ”に反発の声も…

しかし、この流れに嫌悪感を抱く視聴者も多く、

《#舞いあがれ反省会とかタグ作り始める人らはただの悪ノリでしかない》
《前回の朝ドラからの継承なんだろうが、プロデューサーや作家は批判ありきで一般の視聴者に観てほしくはないだろうな》
《反省会は文句言うための専用タグじゃない。小学生並みの正義感やな》
《まだ1話なのに反省会タグ作ってる人達は、悪口の快感が忘れられないのかしら? 中身もまだ解らないのに自己承認欲求が激し過ぎですよ》

といった意見も。確かに全体の反響を見ても、批判することを前提に「舞いあがれ!」を視聴する層が一定数いることがうかがえる。

「『ちむどんどん』が史上稀に見る駄作だったため、その次に放送される作品が純粋に気になってしまった、という人も多かった模様。不本意な形ではありますが、注目を集めたことは間違いないでしょう。とはいえ、本編とさほど関係のない部分を指摘し、作品の評価を無理やり落とそうとするのは好ましいことではありません。匿名を武器に行き過ぎた正義を振りかざす人に嫌悪感を抱く人も多いため、ハッシュタグを作るのは望ましい形ではなかったかもしれません」(芸能ライター)

まだ第1話のため、反省会を開くには時期尚早といえるだろう。今後、本当に反省会が必要とならないよう、祈りたいところだが…。

【あわせて読みたい】