『笑点』林家木久扇が“円楽さんDNA”を継承!? 切れ味鋭い風刺回答に絶賛

三遊亭円楽さん (C)まいじつ 

9月30日、45年間も『笑点』(日本テレビ系)を支えた落語家・三遊亭円楽さんの訃報が届き、日本中が悲しみに包まれた。

その2日後、10月2日に放送された「笑点」では、林家木久扇が円楽さんのキャラを受け継いだかのような回答を繰り出し、視聴者から絶賛の声が寄せられている。

27歳の若さで「笑点」のメンバーに抜擢された円楽さんは、世間を風刺するような回答や、司会者とのバトルで番組を盛り上げた。今年1月に脳梗塞を発症して以降、長い闘病生活が続き、一度は高座復帰を果たしたが、30日に帰らぬ人となってしまった。