YOASOBIの主題歌に“ガンダムおじさん”激怒!「微妙」「媚びてる感じ」

ikura 

ikura 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

音楽ユニット『YOASOBI』の主題歌起用で、放送開始前から賛否を集めていた新アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』(TBS系)。10月2日に待望の第1話が放送されたのだが、やはり主題歌に関する議論が再燃してしまったようだ。

大人気アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズの最新作である「水星の魔女」は、主人公のスレッタ・マーキュリーに待ち受ける壮大な物語を描いた作品。第1話『魔女と花嫁』は、舞台となる「アスティカシア高等専門学園」に水星からスレッタが編入してくるところから始まる。

そして、エンディングには「YOASOBI」が歌う主題歌『祝福』が流れ、同日にユニットの公式YouTubeチャンネルでMVも配信されたのだった。

「『YOASOBI』の起用が発表された9月4日、往年のガンダムファンから嵐のような批判が巻き起こりました。『YOASOBI』は知名度も高く、特に若い世代から大人気。そのため『ガンダム』が若者に〝媚びている〟などと憤慨する古参ファンが相次いだのです。『YOASOBI』と『ガンダム』の〝相性が悪い〟といった声と、〝新たな挑戦〟だと受け入れる人で意見が対立していましたね」(アニメライター)

新規参入で絶好調? 一方で高齢層は激おこ

実際に第1話が放送されると、主題歌に対する絶賛の声が続出。「YOASOBI」人気によって新規参入者も増えたようで、

《YOASOBIが主題歌のおかげで、新しい層がガンダム見てて嬉しい》
《ガンダムの主題歌、YOASOBIなの凄いな。ニワカだけど楽しめた》
《水星の魔女はYOASOBIで正解ですやん!》
《ガンダム初心者だけど、アニメも主題歌も最高!》

などと歓喜する声が見受けられた。だが一部「ガンダム」ファンからは、

《YOASOBIのせいで、ガンダム知らん人がガンダム界隈に来るのはちょっとな》
《YOASOBIは嫌いじゃないけど、やっぱりガンダムには微妙すぎ》
《マジでYOASOBI使って媚びてる感じ。媚びたガンダムなんぞクソくらえ》
《YOASOBI自体は嫌いじゃないんだけど、今回の曲は声も音もガンダムの曲にするには軽い》

などの意見も…。やはり万人に受け入れられることはなかったようだ。

「第1話放送の同日、アニメ公式サイトでは主題歌『祝福』のために脚本の大河内一楼氏が書き下ろした小説『ゆりかごの星』が公開されました。同作を読んでアニメを見ると、歌詞と作品の世界観が見事にマッチするようで、《ヤバすぎて涙止まらん》《ゆりかごの星を読んでから歌聞くと情緒ヤバイ》などと大好評。新たな取り組みは見事大成功といったところでしょうか」(同・ライター)

往年の「ガンダム」ファンと新規ファンの対立は、いつまで続くのだろうか…。

【あわせて読みたい】