『しゃべくり』でトラウマ演出…恐竜登場に子どもが大慌て「かわいそう」

魔裟斗 矢沢心 

魔裟斗 矢沢心 (C)まいじつ

元格闘家の魔裟斗と矢沢心夫妻が、10月3日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した。息子とともに登場したが、子どもに対する番組側の演出が「直視できない」「可哀相」と視聴者から批判を浴びている。

先に3歳の長男・エイト君がスタジオに現れ、両親が誰かを当てるクイズを展開。スタッフの女性2人とともにスタジオに姿を現したエイト君は恐竜のぬいぐるみで顔を隠し、恥ずかしそうにしていた。

『チュートリアル』福田充徳が「恐竜が好き?」と問い掛けると、エイト君はぬいぐるみの後ろで小さくうなずいた。

その後、魔裟斗・矢沢夫妻がスタジオに登場。エイト君はようやく、ぬいぐるみを手放した。進行役の『くりぃむしちゅー』上田晋也は「家では魔裟斗さんがティラノサウルス(役)になってエイト君が逃げ回るという『恐竜ごっこ』をしている」と解説。

魔裟斗が実演し、矢沢の頭にかみつこうとすると、エイト君は魔裟斗を何度も殴打して母を守った。

魔裟斗の息子が恐竜登場で大慌て…

上田が「この恐竜に勝てるかな?」と問い掛けると、巨大なティラノサウルスがスタジオに。「泣いたら(魔裟斗に)怒られる」と明かしていたエイト君は逃げ回って「この恐竜、嫌い!」と勇敢に振る舞い、人形を振り回しながら何度も攻撃した。

代わりに『ネプチューン』原田泰造、堀内健、「チュートリアル」徳井義実が助けに入って、恐竜の出演シーンは終了した。

一部の視聴者は、エイト君の前に大きな恐竜が現れたことを問題視。エイト君が明らかに怖がっていたとしたほか、恐竜がアップになったときの斑点の集合体が、大人から見ても気持ち悪かったとおののく声が続出している。

《しゃべくりに出てた恐竜の柄の集合体がまじキモい》
《恐竜アップされた瞬間、集合体恐怖で鳥肌立った》
《しゃべくりの恐竜の模様が集合体恐怖症で直視できない》
《恐竜に本気で怖がってるのを面白おかしくみれるわけないし普通に可哀想だし、何より本当に申し訳ないけど、可愛くない。見てられない》
《エイトくんのトラウマにならなければいいけど…恐竜 好きだったのに嫌いになっちゃったとかさ…》
《恐竜のアップ皮膚の集合体感すごくてちょっと気持ち悪かった~~~泣 これはエイト君も嫌いなの納得ww》

子どもにとっても大人にとっても、恐竜は怖いものだ。

【あわせて読みたい】