ギャル曽根“大食いチャレンジ”でズル?「ハサミ禁止」「優先で何事も進む」

ギャル曽根 

ギャル曽根 (C)まいじつ 

タレントのギャル曽根が10月3日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に出演。大盛りメニューを見事に完食したが、一部の視聴者からイチャモンをつけられている。

この日、ギャル曽根や声優の林勇、ジャニーズJr.の影山拓也らが挑んだのは8人前、総重量3.6キロの「超肉盛り 韓国ビビンバプレート」だった。

ライス1.2キロと5種のナムル400グラムを盛り付け、半熟の卵焼きを4枚のせてビビンバが完成。ここにトッポギ300グラム、ヤンニョムチキン300グラム、長さ20センチのサムギョプサルなどをのせた。

YouTubeチャンネル『ガーリィレコードチャンネル』に出演する、タレント・雨野宮将明が「どう進めていくんですか?」と聞くと、ギャル曽根は「おもちが絶対硬くなると思って、先に食べちゃおう」と、トッポギとご飯を一緒に食べる技を披露した。

コチュジャンも追加して混ぜ混ぜ…

肉だけで1キロの重さと知り「あごが疲れる」と嘆く林をよそに、ギャル曽根はハサミを拭きながら「サムギョプサル、切ります! 細かく切って食べます」と宣言。影山も「まねをさせていただきます」と肉を一口サイズにカットし、あごの負担を軽減させた。

ビビンバと半熟卵を残していたギャル曽根は「コチュジャンもらってもいいですか?」と要求。コチュジャンを足し、ご飯を混ぜた。影山は「ここで卵を使うんですね!」、雨野宮は「食べ方うめ~!」と感心していた。

自ら率先して肉にハサミを入れ、ご飯を混ぜて他の参加者たちを先導して完食を果たしたギャル曽根だったが、ごく一部の視聴者は、ギャル曽根が優遇されていると感じたようだ。

《ご飯の中に何か入ってるていう番組構成の問題から混ぜるの禁止? ビビンバは混ぜてなんぼなのにコチュジャンも最後の方ってさ》
《自力のアゴでみんな一生懸命食べてるのにハサミ禁止だわ》
《そもそもサムギョプサルって切って食べるよね? ギャル曽根さんが使わなければ使ったらダメだったの? いつも思うけどギャル曽根さん優先で何事も進むよね?》

ギャル曽根はロケに慣れていない他の出演者のため、食べ方を暗にレクチャーしているだけだと思われるのだが…。視聴者は怖いものだ。

【あわせて読みたい】