紅白歌合戦に明石家さんまがゲスト出演か

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

明石家さんまがMCを務めるNHKの音楽番組『明石家紅白!』の第3弾が12月18日に放送される。同番組はさんまが“会いたいアーティスト”をゲストに招き、トークや即興コラボなどを交えて自分なりの『紅白歌合戦』を展開する番組だ。

今回の明石家紅白では、さんまの元妻で女優の大竹しのぶとのデュエットが実現したことが明らかになった。大竹は“禁断のゲスト”として番組に出演し、さんまと息ぴったりのトークも展開。「離婚会見の日に、さんまの服をしのぶがアイロンがけした」など、これまで明かされなかったエピソードも披露されるという。

「これで大みそかの紅白歌合戦にも、さんまと大竹が出るのではないかともっぱらの噂になっています。ふたりの掛け合いはお茶の間を明るくしますから、あながちあり得ない話ではありません」(芸能関係者)

今回は『乃木坂46』やT.M.Revolutionこと西川貴教、大竹や娘のIMALUも大ファンだというシンガーソングライターの高橋優らが出演する。なかでも乃木坂のメンバーは、さんまの激しいトークに押されて思わず涙する一幕もあるという。

「さんまに好きなようにやらせているとすれば、それはNHKが“取り込み”にかかっているということです。紅白にサプライズゲストで出演するのではないかという話は、密かに業界で出回っています」(テレビ雑誌編集者)

 

安室の出演予定枠をさんまで穴埋めか

今年の紅白歌合戦には「目玉がない」とNHK関係者が嘆いている。

「安室奈美恵が出場する予定の枠を空けているので、出ない可能性があるなら穴埋めを考えないといけません。いまも安室のほかにも歌手に当たっていると聞いていますが、名前はトップシークレットで、NHK上層部でも交渉の中身を知っているのは2~3人のようです」(同・編集者)

紅白歌合戦に“ビッグゲスト”を呼ぶことは、NHKにとって大きな課題だろう。しかし、極論になるが聴率に貢献してくれさえすればいいわけで、「歌手ではなくても」という気持ちもあるだろう。

「安室の出演枠を仮にさんまが埋めるとすれば、本当の紅白内で明石家紅白が披露されるということになり、盛り上がるかもしれません」(同・編集者)

はたしてさんまが紅白歌合戦に出演するかどうか、見ものだ。

 

【あわせて読みたい】

※ 市川海老蔵「小林麻耶とのハワイ旅行」を隠した理由

※ 「とんねるずのみなさんのおかげでした」本当の終了理由

※ 前田敦子「顔が変わりすぎ」すれ違って分からないスタッフも

※ 近藤真彦「過剰接待」も歌はカラオケレベル!批判殺到

※ 浜崎あゆみの「ライブ流出映像」にファン絶句